「ワタシハ、ウクライナ、カラ、ヤテキマシタ、」

「スミマセェン、コンニッチハ、」
  「スミマセェ~ン、コンニッチハ...」

        『あーー、はい、いらっしやいませ』

「ワタシハ、ウクライナ、カラ、ヤテキマシタ、」

        『は、はい、??』(どちら様でしょう?)

仕事の合間に奥で洗い物をしていたら、入り口のほうで誰かが呼んでいたので、
慌ててタオルで手を拭きながら出て行くと、
そこには、大きなリュックを背負った金髪の青年が、、、

「アー、、ワタシハ、ウクライナ、カラ、ヤテキマシタ、
 ニホンノブンカト、ブダニツイテ、ベンキョ、シテマス、」
        『あぁ、はい、はい。』(なんの御用でしょう?)

と、彼の背中とリュックの間から、
手作りのアクセサリーや民芸品が詰まった箱が出て来ました…

「コレハ、ワタシノ、クニノ、アクセサリー、デス!」
「ワタシノ、ベンキョ、ノ、タメニ、、オネガイシマァ~ス、」

なんと飛び込みの物売りでした、、
時々うちの店にも、雑貨の訪問販売や募金のお願いなんかもやってきます、
だいたいはすぐにお断りしているのですが、このウクライナの青年が
爽やかな笑顔でマトリョーシカなどを広げるものだから、
つい、乗せられて買ってしまいました。

一番小さい”マトリョーシカ・キーホルダー” ¥500也
時間があったので、少し話をしながら。

この青年、日本に来てから二十日位、
日本語の勉強は三ヶ月位だと言うことなんですけど、
頑張って日本語で話そうとしています。(偉いなぁ、、)
ひらがなは少し覚えたけど、漢字はまだダメらしい。

この寒空に、Tシャツ姿だったので
『寒くないの?』と尋ねると、
「ウクライナ、モット、トテモ、サムイデス、」と言っていました。
本当に仏教や日本の文化を学びに来たのかは、怪しいところだけど、
もしかしたら騙されているのかもしれないけど、
なんだか爽やかで気持ちのいい訪問者でした。

「シアワセ、ノ、オマモリ、デース」と手渡してくれたキーホルダー、

もしかして、

ホントに幸せになれるんじゃね?

He tenido varios visitantes cuando abría mi salón.
A veces no son mis clientes los que vienen.
Por ejemplo, viajantes ,vendedores ambulantes, peticiones de donativos, distribuidores ,etc.

Un día,en la entrada de mi salón se oyó una voz.
¡Buenas tardeees!
¡Oiga,por favooor!

Entonces yo estaba fregando unas tazas en el fondo del salón.
Yo le dije: ¡Bienvenido! ¿qué desea Ud.?

En la entrada, había un hombre joven rubio con una mochila al hombro.
El me dijo: ¡Hola! Vengo de Ucrania.
Estoy estudiando sobre el Budismo, el Zen y la cultura japonesa.
…..

Bueno…(mientras sacaba una caja de entre la mochila y la espalda.)
Éstos son unos objetos de arte de mi país, y son muy bonitos.
Creo que pueden atraer la buena suerte y evitar la mala.

Yo : ¡Qué pequeñito matryoshka!

Es un fetiche,¿verdad?

¿Cuánto cuesta?

El : ¡500 yenes por cada uno!
Tengo que vender estos para que continuar el estudio.
¿Puede Ud. comprar algunos?

Pienso que es muy caro, pero no sé por qué he comprado un fetiche por 500 yenes.

¿Me embaucó con sus palabras?
Pero, puede que traiga alguna felicidad,¿eh?