なにも進んじゃいないけど、息抜きはするさ。

早いもので2月も10日を過ぎてしまいました。
この時期は毎年憂鬱になりますね、例の確定申告ってやつが。
嫌な事は早く終わらせたいので、いつも受付が始まった週に出してやれって
思ってるんですけどね、
けれども今年は気が乗らなくて、かなり出遅れている感じなんです。
頑張って仕上げてしまわないと、スペイン語の勉強も出来ないし
ブログ書いてる余裕もなくなってしまいますね。

でも、気分転換も必要だろうということで、また映画館へ行ってきました。
今回は『Dr.パルナサスの鏡』

ヒース・レジャーの遺作となる作品ですが、撮影半ばで逝ってしまいましたので
脚本を少し変えて、その間のシーンを埋めるように
ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが引き継いでいます。

内容はシュールで、コミカルで、ブラックなんだな、、
後から思い起こすと、かなり奥の深いストーリーで、
興味深いんですけど、ちょっとくどい。
そこがイギリス的なテイストなのかなぁ。

ジョニー・デップの出番がほんの一瞬だったのも残念。

Últimamente estoy un poco ocupado.
Tengo que redactar unos documentos para la declaración de impuesto
sobre renta.

Es muy complicado y me da pereza.
Así que no estoy estudiando español y hace tiempo que no puedo escribir aquí.
Estoy muy melancólico hasta que acabe la declaración.
me esfuerzo para terminar la declaración pronto.

Pero necesito cambiar de estado de ánimo,es que fui al cine y vi la película de
“El imaginario del Dr.Parnassus.” en el sábado pasado.
Esa película es un poco complicada y tiene humor negro.
En definitiva,es interesante, pero se me hizo larga.