La fiesta de Azabu-juban2

さてさて、国際バザール会場を満喫した後は、
いよいよメインの商店街へと入って行きます。
この身動きのとれないほどの混雑ぶりに圧倒されます、
が、ここでビビってはいけません。

人混みをかき分けて入って行くと、
おなじみの「たこやき」

これは珍しい??
「きゅうり」

一通り回ってみたいところですが、
今回は断念して、お目当ての店だけでも訪ねてみましょう。

まずは焼鳥の『あべちゃん』
ここの焼鳥は 安くて美味しくて、大きい。
一本¥130-

そして『浪花家総本店』のたいやき!!

店先では、かき氷なんかを売っていましたが、
たいやきは店内で、ということでお茶を飲みながら
たいやきで休憩です。

中のあんこが透けて見えるくらいに
薄くパリっと焼き上げた皮が独特な食感を生み出しています。
このたいやきは、頭、しっぽ、背びれ、それぞれに違う
味わいがありますよ。
これはどこから食べるか迷いますね。

そろそろお腹も一杯になってきたので
お持ち帰りで『豆源』のおかきを買って帰ります。

やっぱり麻布十番祭りは楽しいですね。
この祭りが終わると、もう夏も残り僅かだねぇ~
と、そんなふうに感じるのです。

Volví a Niigata.[2]

Tenía un muy importante objetivo para mi,en las vacaciones de Obon.

Eso es presentaré mi novia a mi familia.

Fui a Niigata con mi novia por primera vez.

Al llegar a casa de mis padres, cenamos comida
casera de mi madre con mi familia.

lenguado salteado en mantequilla, cangrejo cocido,
sashimi (filetes de pescado crudo), sojas verdes en rama, etc.

Todas las buenas comidas de Niigata.
Me preocupaba un poco que ella estuviera nerviosa
por hacer una visita a mis padres.

Pero, ella actu� con naturalidad,
y mientras hablaban perdieron toda reserva.

Se hizo un miembro de la familia inmediatamente.

Comimos mucho y bebimos mucho,
fue una noche agradable.

La fiesta de Azabu-juban

El pasado fin de semana, fui a la fiesta de Azabu-juban.

La fiesta de Azabu-juban es la más grande de las fiestas de los barrios de tiendas enTokyo.
Cuando la fiesta, viene mucha gente aquí, la calle es un hervidero de gente.

Azabu-juban está cerca de Roppongi.
En el barrio de Roppongi, donde están muchas embajadas,
y muchos turistas extranjeros estaban visitándolo.
(La Embajada Española también está en el barrio.)

Por eso, la fiesta de Azabu-juban está impregnada de un ambiente internacional.

En el bazar de internacional, había muchos puestos de comidas de varios países,
España, Siria, Argentina, India, Italia, Brasil, Alemania, Africa,China, Corea, y etc.

El cartel de un puesto decía " paella."
La compré y comí, pero la que comí anoche era muy diferente.
Ese puesto era comida de Siria, por lo cual comí cuscús.

¿Por qué se le dice paella? ¿Es posible que sea la paella del cuscús?

Después de comer el cuscús, encontré el puesto de España,
y comí Fideua de Gandia y bebí tinto de verano.
Éstos estaban muy ricos.
先週末「麻布十番祭り」に行ってきました。
「麻布十番祭り」は商店街のお祭りの中では、東京で一番大きな祭りですね。
(たぶん日本一、なんじゃないかなぁ。)
お祭りの時には多くの人がここにやって来て、通りは人でごったがえします。
この地域には多くの大使館があったり、外国人旅行者もたくさん訪れたりするので、
「麻布十番祭り」もとても国際色豊かです。

国際バザール会場には、さまざまな国の屋台が出ていました。
スペイン、シリア、アルゼンチン、インド、イタリア、ブラジル、
ドイツ、アフリカ、中国、韓国、など…
眺めているだけでも、賑やかでワクワクしてきます。
(もの凄い、すし詰め状態なんですけどね…)
どんな食べ物が出ているのか見て回っていると、
ある屋台の張り紙に「パエリャ」と書かれていました。
「paella」は大好きなので、私は早速それを買って食べました、
しかし、そのとき食べた”それ”(パエリャ?)は想像していたものとは
全然違っていたのでした。

よく見ると、その屋台は「シリア」の屋台でした。
ということは、「パエリャ」として売られていたのは
実は「クスクス」の料理で、私はクスクスを食べていたのでした…

なぜ「パエリャ」って書いてあったんだろう? 
クスクスのパエリャって、ありですか?
クスクスを食べた後で、その隣にスペインの屋台をみつけました。

そこでは「パエリャ」ではなく、「フィデワ」と言う
パエリャのパスタバージョンを楽しそうに踊りながら作っていましたよ。

「フィデワ」を食べて「ティント・デ・ベラーノ」を飲みました。
とても美味しかったですよ。
祭りはまだまだ序の口です、まだまだ食べ歩きは続きますよ~。

Volví a Niigata.

El "Obon" ha terminado.

En Japón, del 13 al 16 de Julio o del 13 al 16 de Agosto, se celebra el Obon.
Es un acto budista para el oficio del espíritu de los difuntos.
Se dice que durante el período los espíritus de los antecesores
vuelven a casa y se van después de terminar.

Por eso, mucha gente vuelve a su pueblo natal durante el Obon.
Después de mucho tiempo, volví a casa de mis padres igual que mucha gente.

Mi pueblo natall es Niigata, es la ciudad japonesa más grande
en la costa del Mar de Japón.
La casa de mis padres está cerca de la playa y es un lugar muy tranquilo.

お盆もあっという間に終わってしまいましたね。
今年はETC割引なども影響して、車で遠出した方も多かったのではないでしょうか?
私も久しぶりに故郷へ帰ってみました。(一泊だけでしたけど)
実家から歩いて10分ほどで浜辺に出ます。
「海の家」も無く、とても静かな浜辺です、
(田舎の海はお金がかからなくていいです!)

泳いだり、釣りをしたり、バーベキューを楽しんだり…
皆さんそれぞれに夏の海を満喫しているようでした。

水着は持ってこなかったので、靴をぬいで
足だけ海に入ってみましたが、冷たくて気持ちよかったです。
久しぶりに訪れた故郷の海は穏やかで、とてもきれいでした。