『どうして“完全予約制でマンツーマン対応の美容室”なのでしょう?』

『イニティウム ヘアサロンは、どうして“完全予約制でマンツーマン対応の美容室”
なのでしょう?』

一番の理由は施術行程へのこだわり、そして安心感。

大型店ではパーマやヘアカラーリング、縮毛矯正など薬剤を使う行程はアシスタントが施術を行う場合が多いのですが、イニティウムは違うのです……。
カウンセリング、シャンプー、カット、カラーリング、パーマ(ワインディング)etc、すべての技術行程において、毛髪の状態を“技術者の目”で細かく見極めながら
施術していきます。

薬剤を使う施術では、ほんの僅かな判断ミスがヘアダメージへと繋がりますので、
場合によってはカット技術以上に豊富な経験を必要とします。

また、一人で施術するのと複数で施術するのでは(右側がAさん担当、左側はBさん
担当)それだけで大きな違いが出ます。
例えば、縮毛矯正で行うアイロン操作では、アイロンの温度、アイロンを滑らせる速度、圧力の違いによって毛髪の状態に変化が出ます。薬剤の塗布量によっても仕上がりにムラが出る可能性があります。ですから、アイロン操作や薬剤塗布などの作業を一人の技術者が均一に行うということが、美しく健康な髪を型作るためには必要なのです。

 
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

円形脱毛症発症時のヘアカット

私が初めて円形脱毛症を発症したのは30代の後半の頃、
最初は500円玉位の大きさで一つ、二つ。
それが3年程かかって治ったと思ったら、また再発。
今度は十数カ所、感覚としては頭髪の半分位がまだらに抜け落ちた感じでした。
(下の写真は、ほぼ治って来た頃です)

円形脱毛症によって、毛髪が抜け落ちる部位は人それぞれですので、
どのようなヘアカット、及びスタイリングをしたら目立たなくなるのか、
自然なヘアスタイルに見えるのかは、その時々で違います。

私も、友人(美容師)にカットしてもらい、毎朝ワックスとハードスプレーを
使って不自然に見えないようにスタイリングしていました。
円形脱毛時のヘアカットは通常のカットよりもテクニックが必要になります。
骨格や髪の重なりを確認して、生え際やつむじ、分け目など目立つ所をより
自然に見せる工夫が必要です。状況によっては、ウイッグや帽子を着用しなければ
ならないこともありますが『なるべく自分の髪でなんとかしたい』
というのが実際に円形脱毛症になった時の感想です。

もし、同じ状況でお悩みの方のために、私の学んできた技術を役立てる事が
出来るなら、それは美容師としてとても嬉しいことです。

多発型円形脱毛症 (筆者本人)

多発型円形脱毛症
(筆者本人)

美容室イニティウムヘアサロン自由が丘