梅雨時はヘアスタイリングがたいへーん

一月程前からスペイン人の友人が来日しているのですが、
昨日、私のサロンに髪を切りに来てくれました。

5月の始めに会った時はすっきりと爽やかなヘアスタイルだったのですが
梅雨に入り、少し伸びた彼のくせ毛はクルンクルンに巻き始めていました。
彼の地元バルセロナも、結構湿度は高いのだと言っていたけれど
いやいや、梅雨時の日本の湿度は半端じゃないから。

土砂降りの雨の中、訪ねてくれた彼の髪を
湿気に負けないように、さっぱりとカットしました。
来週からは西へ西へと移動して行くそうなので
その前にカット出来てよかったです。

Ayer un mi amigo vino a mi peluqueria para cortar el pelo,a pesar de la lluvia.
¡¡Me alegré mucho!! Muchísimas gracias.

自由が丘 美容室 イニティウムヘアサロン

北の国からespañol

皆様、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、新年を迎え「今年の抱負」など考えてみる……。
ワタクシの今年のめざす所、それは
“スペイン人になる”です(マジか?)

まずはスペイン語の発音をなんとかせねばなりません、
いろいろな本や資料を読み漁って、どうしたらネイティブっぽい
発音になるのか研究中です。スペイン語は私たち日本人にとって
発音しやすい言語、とよく言われています。確かにカタカナ読み
でもある程度は通じると思うのですが、中途半端に通じてしまう
ことが、正しい発音を身につけることを遠ざけているように思うのです。

スペイン語特有の発音に関しては、様々な練習法があるようで、
よく知られているところでは、Rの巻き舌を強化する「とろろメソッド」
これは、とろろ、とろろっ、とろろっ、と早口で言っているうちに自然と
とぅるるるる〜、と巻き舌音になるというものです。巻き舌音の苦手な方は
一度お試しあれ。

そしてもう一つは、最近知ったばかりの「北の国からメソッド」
あの有名なドラマ『北の国から』の五郎(田中邦衛)が蛍を呼ぶ時の、
”おーい、ほたるぅ〜”の発音は、スペイン語のJとUの発音に通じるらしいのです。
つまり、田中邦衛の「ほたるぅ〜」は、hotaruではなく、jotaruなんだそうです。
まあ、もっと良い練習法は沢山あると思いますので引き続き勉強していきたいと
思います。

(余談ですが、この田中邦衛さん、私の父に激似なんです)

自由が丘 美容室 イニティウムヘアサロン

サグラダ・ファミリア(聖家族贖罪教会)


何度見ても惚れ惚れします、サグラダ・ファミリア(聖家族贖罪教会)

このあまりにも有名で独特な建築様式の教会は、スペイン・カタルーニャの建築家
アントニ・ガウディの作品で、バルセロナのシンボル的な建造物です。

着工から130年経った現在も建築中で、まだまだ完成予想図にはほど遠い状態
なのですが、ガウディ没後100周年目の2026年に完成するという公式発表があり、
期待が高まっています。

今、YouTubeで流れている3DCG映像によって作られたサグラダ・ファミリアの
完成した姿は圧巻です。本当にこんな建造物を造る事ができるのか……。
まさに神業ですね。

生きている間に完成した姿が見られるかもしれない、という期待と、
永遠に造り続けることに意味があるんじゃないかという気持ちとで複雑ですね。

 

 
 

 

自由が丘にあるマンツーマンの美容室
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

月島スペインクラブ

el Spain Club de Tsukishima

El ”Spain Club” de Tsukishima

¿Hola cómo están?
Hoy he visitado el Spain Club de Tsukishima.

1098150_489646741119228_863804047_n

月島駅から徒歩3分、倉庫を改装して作られたスパニッシュ・レストラン
「月島スペインクラブ」に行ってきました。

開け放たれた重厚な扉の奥から漂ってくる魚介とサフランの香りに
引き寄せられるように店内に足を踏み入れると、そこはまさにスペインでした。
床に敷き詰められたタイルや店内のテーブル、椅子など、スペインから取り寄せた”本物”にこだわって作られた空間は、私たちをあっという間に遠い異国へと
連れて行ってくれました。

8月12日(月)~18日(日)の間のランチメニューは
「夏休み限定特別ランチ」として、
タパス(スペイン風オムレツ&タコのアリオリ)
サラダ、ガスパチョスープバーが付いています。
本格的なお料理がボリューム満点で大満足な企画です。
この機会にぜひ。

 

自由が丘にあるマンツーマンの美容室
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

ついに奴らがやって来た。

sugikahun

ついに奴らがやって来た。

Siempre llegan en la misma época.
いつも彼らはこの時期にやってくるんだ。

¡Qué tipos más detestables!
なんて嫌な奴らなんだ!

Ahora mismo sangré por la nariz.
たった今、鼻血が出た。

Como todos los años, ha llegado la época de la alergia al polen de cedro.
例年のように(スギ)花粉症の季節がやってきましたよ。

Me pica la nariz y estornudo.
鼻がムズムズしてくしゃみが出ます。

particularmente este año me duele la nariz.
今年は特に鼻の中が痛いです。

Ojalá pase lo antes posible.
早く過ぎ去ってくれ〜

自由が丘にあるマンツーマンの美容室
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

イベリコ豚

ここ数年、日本でも人気の出ているイベリコ豚。
生ハムだけでなく、ステーキやしゃぶしゃぶ、コンビニの弁当まで登場していますね。
希少なイベリコ豚がこんなに大量に流通しているのはおかしい、と思っていたのですが、
やはり大量生産されていたのですね……。

まず、イベリア種(純血種)とアメリカ原産のデュロック種とを交配させ、50%の交配種を作る。さらにこの50%の交配種と純血種をもう一度交配させることで、75%の交配種が生まれる。スペインでは75%の交配種をイベリコ豚として認めている。
デュロック種はイベリコ種の2倍の大きさに成長するため、交配種も成長が早く、純血種に比べ出荷までの期間が短く、(純:2年/交:1年半)肉の量は平均5%多くなる。

しかも、一定の育て方をすれば、純血種に引けを取らない品質になると考えられている。
出荷の3ヶ月前からドングリを与え、オレイン酸の含有量が54%以上であれば最高級品として市場に出すことも認められるらしい。(生後16ヶ月間は配合飼料で体を大きくする)
この大量生産によって、この50年で出荷量は5倍に増えているが、その9割を交配種が占めている。

スマーフの村

 

スペイン南部、マラガ県のフスカルという小さな村が、
今年の6月、映画『スマーフ3D』のプロモーションのために
世界で最初の”スマーフの村”に変身していたらしい…

9000リットルものペンキを使って250の建物が青く塗られています。
キャンペーンが終わったら、元通り”白い村”に戻す事がソニーピクチャーズ
によって、約束されていますが、すでに8万人の観光客が訪れている事もあり
観光地として、このままの状態で継続するか検討中らしいです。

 

真っ白もきれいだけど、こういうのもいいですね。

Un amigo de Barcelona-2011/continuación.

またアミーゴの話の続きですが、
今回の滞在拠点として、下町のゲストハウスをスペインから
インターネットで予約したアミーゴ。
どうやらあまり良い環境ではなかったらしく、家主に相談して
違う部屋に移る事になったようなのですが、それでも困ったことは続き、
テレビがたまにしか映らないとか、インターネット回線が調子悪いと言っていたのです。
とりあえず、一度会おうという事になって、日にちを決め、
待ち合わせ場所をメールで調整している段階で、返信がパッタリ来なくなりました。
どうしたんだろう、と思いながら翌日も連絡を待ち、そして当日になり、
何度かメールを送っても反応なしだったので、その日は諦めて家に帰りました。
そして夜遅くにようやくメールが…
”ごめん、ネットが繋がらなくて、今インターネットカフェからメールしてる。
もしよかったら、来週末にでも会おうよ”
うーん、ラテン時間もここまでくると、何もいえませんね。
その後も、すんなりとは言えないけれど、とりあえず会えました。

2年ぶりの再会は”オヤジの楽園”新橋へと繰り出して、ホッピーで乾杯しました。
昼間、コインランドリーで洋服をまとめて洗ってしまい、ジャージ姿で現れたアミーゴは
新橋のガード下の風景にすんなりと溶け込んでいました。

Un amigo de Barcelona-2011.

バルセロナに住む友人が2年ぶりに来日しました。
今回は約5週間の滞在予定で、その間に「日本語能力試験」を
受けるということでした。日本語能力試験のレベルは、N1からN5までで、
N1が一番難しく、彼は今回はN2を受験する予定。

日本語ぺらぺらになったのかな、無理にスペイン語で話さなくても大丈夫かなぁ、
と期待しつつも、やっぱりスペイン語で会話してみたいという気持ちもあって、
放置していたスペイン語のテキストを開いたのが、10月の始めの事でした。

ほぼ一年ぶりで勉強を再開してみたら、えーっと…… えーー、
¿Cómo se dice esto en español?
えー、esto?えすと?えすと??
単語が全然わっかりませーん、な状態なのでした。
電池切れのまま置いていた電子辞書に新しい電池を入れ、
来日目前の友人とメールで連絡を取り合うにも、とても時間がかかります。
語学学習というものは継続していないと、あっという間に退化してしまうものですね……。

11月の半ばに友人はやってきました。ところが出だしから調子悪そう。

↓メール原文
Como estas?
Ya estoy en Japón, aunque no estoy muy contento.
La guesthouse que reserve por Internet es muy vieja y
sucia. Hay mucho polvo y yo tengo alergia, casi no he dormido.
He decidido que hoy mismo la dejo y iré a un hotel a dormir
y buscare otra casa.
El problema es que pague un mes y no se si me devolverán el dinero.
Tengo que hablar con el dueño hoy.
Espero verte pronto, quizás el fin de semana o la semana que viene.
Hasta luego
『元気?
もう僕は日本にいるよ、でもすごく喜ばしい状況じゃないよ。
インターネットで予約したゲストハウスが、すごく古くて、汚くてさぁ…
埃っぽくて、僕はアレルギー持ちだから、ほとんど眠れなかったんだ。
今日にでも、ここを出てホテルに泊まって、違う所を探すことにしたよ。
でも問題は、払い込み済みの一ヶ月分の家賃が戻るかどうかってことなんだ。
今日、大家に話してみないといけないんだ。
近いうちに会いたいと思ってる、たぶん今週末か、来週にでも。
じゃあ、また。』

それで、その後もメールでやり取りして、久しぶりに飲みに行こうという事になったのですが……。

さらにいろいろと問題が起きて、うーん……。

チャット初体験

最近ですね、"facebook"を始めたんですよ。

登録だけはずいぶん前にしたものの、使い方がよくわからなくて
ずっと放置していたのです、が…
二年前に知り合ったスペイン人の友 – フリオ(仮名)が、今月日本にやってくるというので、
その連絡用とスペイン語の勉強のために、重い腰を上げたのでした。

海外に住む新たなメル友(?)も少しずつ増え、意外と楽しいなfacebook
と思っていたところへ、『ポ~ン』という音が。
facebookには”チャット機能”が備わっていたのですが、そんなことは全然知らずに
常にオンライン(いつでもチャットOK)状態にしていたのですね。
新たな”スペイン友 – ハビ(仮名)”が、Hola, ¿Que tal?(やあ、元気?)
と陽気に登場してきたのでした。

あ、どうしましょう。
まだ、使い方がわかってないし、リアルタイムでスペイン語の文章を打ち込むなんて無理。
でも、返信しないと感じ悪いしねえ…
慌てて打ち込んだら、

Hola¿  (間違えた。)

消そうとして、キーを打ったらそのまま飛んで行きました、バルセロナまで…(あ”~~っ)
その後、ハビに励まされ、教わりながら、初チャットを続けたのでした。

今は、インターネットで世界中の人々と簡単にコミュニケーションが出来る時代、
ネット上のお付き合いだけで、本当に相手の事がわかるとは思いませんが、
知り合う切っ掛けとしては、とても良いものだと思います。
パソコンの向こうには、自分と同じように相手の言葉を興味深く読んでいる
生身の人間がいるのです。国や文化が違っても、通じ合えるなにかはあると思うのです。

異国の人とのメールでは、まだまだ言葉がわからなくてもどかしいのですが、
もしかしたら、同じ日本人どうしのほうが、相手の表面しか見ていないのかも知れないなと、
時々感じます、言葉がわからないから、より深く相手の事を想う、
ということもあるのかもしれませんね。

私のfacebook迷走は、まだまだ続くと思います、続けて行きたいと思います。
Hace un par días, me ha llegado un mensaje en el chat de facebook por primera vez.
Es un mensaje de un amigo de español.

He escrito para responder en el chat para hablar con el.
Pero, todavía no entiendo bien el chat.
No sé cómo usarlo.
Así que me precipité un poco.

Pero,fue muy divertido.
Me alegré mucho.