夏にぴったりのシャンプー&トリートメント入荷致しました

MATRIXYL shine

夏の頭皮の問題に注目した清涼感あふれる商品です。

柿から抽出されたカキタンニンが気になる皮脂の臭いを残しづらくし、
ミネラル豊富な海泥が毛穴に詰まった汚れを取り除きます。

マスクにはモリンガオイル(植物油)を配合することで、紫外線による髪への刺激を軽減し、ダメージを抑えます。

M.Sシャンプー  250ml/1,575円

M.Sマスク(トリートメント)  150g/1,365円

自由が丘にあるマンツーマンの美容室
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

化粧品と医薬部外品の違いについて

薬事法によって定義されている、医薬品,医薬部外品,化粧品というカテゴリー

日常的によく目にすると思いますが、この違い、なんだかよくわかりませんね。

特に『医薬部外品』と『化粧品』……。

実は『医薬部外品』は欧米にはない日本独自のもので、

医薬品と化粧品の中間に位置づけられています。

 

『医薬部外品』

薬事法によって認められた明確な効能・効果を持ち、かつ化粧品と同様の

使用目的・使用方法を持つもので、特定のものを予防し、手助けするもの。

※美白効果がある、ニキビを防ぐ、ふけ・かゆみを抑えるなど、

効果・効能がハッキリしているもの

 

『化粧品』

人の身体を清潔にし、美化し魅力を増し、容貌を変え、皮膚、毛髪を健やかに保つ

ために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法により使用されることが目

的とされているもので、人体に対する作用が緩和なもの。

※ 石けん、歯磨き剤、シャンプー、リンス、スキンケア用品、メイクアップ用品など

 

化粧品の特徴として「作用が緩和である」という事と、

医薬部外品は法によって定められた明確な効果・効能を持つ成分

(化粧品では配合することが認められない成分)を配合することができるという

事から”化粧品は目的とする効果は弱いが安全性が高い”と言えそうなのですが、

最近はさらに微妙な位置づけになっています。

化粧品は、2001年4月に大きく規制緩和されました。

ざっくりと要約すると、これまで個々の商品で必要だった厚生労働大臣の承認・許

可を廃止し、各メーカーがその責任において自由に化粧品を作って良い。ただし、

使った成分はすべて表示すること、というものです。もちろん、各メーカーの責任

で自由に作って良いと言っても配合可能成分や配合禁止成分が指定されており、安

全性は十分に重視されていると思います。

 

これにより、化粧品の中にも高い効果・効能を持つ製品が

出て来ているように思います。

新しく化粧品成分として仲間入りしたものの中には

”目的とする効果は弱いが安全性が高い”と言えないものもあるようです。

 

美容室で使用しているパーマ剤(&カーリング剤)やヘアカラー剤も

今まで以上に新しい製品がどんどん出てくると思います。

成分を吟味して、美しく健康な髪のために役立てたいと思います。

 

自由が丘にあるマンツーマンの美容室
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

光で染まる白髪染めについて

agx

 

ここ数年、白髪対策商品としてネット通販などで
「光で染まる白髪染め」というものが出回っているようです。

この商品の多くはヘアクリームタイプになっていて、
お出かけ前に髪につけてスタイリング、そして日光に当たると
クリームに含まれている硫酸銀等の銀塩が光還元反応によって発色、
白髪が黒、又は赤褐色に変色するという染毛料(化粧品)です。

 

ジアミン系色素を含まないため、アレルギー反応の心配も少なく
髪にもやさしい。塗って太陽光に当たるだけなので、忙しくて
美容室に行く時間が無い人は特にお勧め、というような感じで
紹介されています。

ここだけ見ると、とても魅力的ですね…

 

でも、ちょっと待ってください。

 

このタイプの製品を使用した毛髪に、酸化染毛剤
(2剤タイプでジアミン染料やアルカリ剤、過酸化水素が含まれるもの)
や脱色剤を使うと、なんと髪が”緑色”になってしまうのです。
これは光還元反応によって毛髪内に出来た金属銀と、
酸化染毛剤に含まれる過酸化水素が反応しているためです。

この化学反応によって緑色に変色してしまうと修復は難しいので、
これらの製品を使用後に美容室でヘアカラーをご希望される場合は、
担当美容師に必ずお伝え下さい。
お願い致します。

 

 

自由が丘にあるマンツーマンの美容室
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

奇跡の馬シャンプー

champu_de_caballo

スペインのニュースから「奇跡の馬シャンプー」について、です。
(一年前の記事ですが…)

スペインでは昨年、この馬用のシャンプーで髪を洗うとツヤツヤ、サラサラになって、しかも髪の伸び方が早くなるということでブームを巻き起こしたそうです。

実際には効果は無かったようなのですが、噂が噂を呼び、使った人は「なんとなくサラサラになった気がする」「早く伸びた気がする」というプラセボ効果も影響して広まっていったようです。
面白いけれど、根拠の無い噂って恐ろしいですね……。

このシャンプーの注意書にはこんな文章があるそうです。
No es recomendable utilizarlo cada vez que nos lavamos el pelo.
”毎回(毎日)の使用は避けること”

 

El pelo de los caballos es «muy diferente» al cabello humano.

インターネット上で”美の秘訣”として噂され、瞬く間に広まった馬シャンプー。この奇跡の商品、キャッチコピーは「艶を出し、より強く、輝きのある健康的な髪作りの手助けとなるだけでなく、より早く伸びます」
ですが、事実はそれほどでも無いようです。事実か?作り話か?

とにかく、多くの美の”指導者たち”が奨め、金の卵を産むガチョウ探しに必死な企業は、多くの市場に出すために商品化を急いだのでした。

«¿Has visto qué brillante tienen el pelo los caballos? ¡El producto mágico!»

「奇跡の馬シャンプー」の噂は商品がマーケットに並ぶより先に広まったのです。驚異的な人気で品薄になったため、人々は獣医やペットショップへ駆けつけました。おそらく、ネット上にランダムに飛び交う「あなたは馬の毛の輝きを見た事がある?これは魔法の製品よ!」という言葉に導かれて……。

ABCニュースでは、人気の馬シャンプーの効果について二人の専門家に意見を
訊き、そしてこの神話のリミットが来ていると感じました。

まず初めに、馬のシャンプーが奇跡的かどうかは定かではないが、動物のために
製造された製品を私たち(人間)の髪に使用することは、大変な間違いです。
ファン・カルロス・バスケス博士によると、ペットショップから購入したこのようなシャンプーを使用すると、頭皮の炎症や過度のフケ症、脂漏症などの症状を引き起こす危険性があるそうです。

 

また、オーロラゲラ博士もその有害性について警告しています。

«Un caballo no tiene cabello, sino pelo»

馬の毛は毛髪ではなく、体毛です。解剖学、生理学、生物学的にも人間の毛髪とは異なります、したがって馬のシャンプーは人間には適していません。

(馬シャンプーの人気の秘密は、皮膚・爪・毛髪を健康に保つ成分とされる
ビオチンを配合しているためですが)ビオチンは皮膚からは吸収されません。
ビオチンは多くの食品に含まれているので、私たちは食生活において摂取することが望ましいでしょう。たとえば卵黄、魚、ナッツ、大豆粉または全粒穀物などから。

髪は一定のシャンプーを使用しても、より早く成長することはありえないのです。人間の毛髪は、遺伝学的要素によって最大限に成長する長さが決定されています、すべての健康な人の毛髪は、ひと月に約1センチメートルの速度で成長します。

日本でも美に関する怪しい商品は山のようにありますね、
根拠の無いうわさ話には気をつけましょう。

自由が丘にあるマンツーマンの美容室

美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

あなたの抜け毛を予防できる美味しい方法

今日はスペイン版Yahooニュースの少し前の記事から

抜け毛を防ぐ”甘くて美味しい方法”をご紹介します。

 

”信じられないかもしれないけれど、甘~い形であなたの髪を維持し、爪を強く健康にする方法があるんだ。

 

どうやって?

 

それはビオチンというビタミンのおかげなのさ、

もちろん大好物のチョコレートのおかげでもあるのさ”

 

Comer chocolate negro con almendras ayuda a evitar la caída del pelo.

”アーモンド入りのブラックチョコレートを食べる事で、抜け毛を予防出来ます”

(アーモンドやチョコレートに含まれるビオチンが

抜け毛の予防として期待出来ます)

 

ビオチンはビタミンB8、またはビタミンHとも呼ばれる水溶性ビタミンの

一種です。そのため一度吸収されたビオチンは血液に容易に溶け込み、問題なく運ばれます、しかし皮膚からの浸透はほとんど期待できません。

 

水溶性ビタミンを適切に吸収するためには、水を媒体として摂取する必要があるので、食物として取り入れることが望ましいのです。

 

おぉ~、アーモンド入りのブラックチョコレートを食べて抜け毛予防とは、

素晴らしい企画ですね(でも食べ過ぎて吹き出物を作らないように…)

 

※ 補足 ※

ビオチンは皮膚炎や脱毛を防ぐ物質として発見され、ドイツ語で皮膚(Haul)の

頭文字をとってビタミンHと名付けられました。

 

ビオチンの働きは炭水化物(糖質)代謝に関わり、皮膚・爪・毛髪を健康に保つほか筋肉痛を緩和する働きもあります。脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、白髪などにも有効とされています。さらに、ビオチンはアミノ酸の代謝やDNAの成分となる核酸をつくる際にも働きます。美肌効果も優れているので、湿疹や皮膚病にかかりやすい人は、意識的にビオチンを摂るとよいでしょう。

 

ビオチンは、いろいろな食品に含まれており(真イワシ、鮭、鶏レバー、牛レバー、鶏卵、鶏肉、ベーコン、オートミール、小麦、落花生、大豆、えんどう豆、いんげん豆 他)腸内細菌によっても合成されるので通常不足することはありません。ただし、抗生物質を長期間服用していると腸内細菌の状態が悪くなり、欠乏症を起こす場合もあります。

 

また、生の卵白がビオチンの吸収を阻害することが確認されており、生卵白の大量摂取がビオチン欠乏症(皮膚炎、脱毛、神経障害など)を引き起こす場合があります。一日に大量の生卵を食べないように気をつけましょう。

 

実はこの記事、とても興味深い話がこの後に続いています。

 

Por esta razón, un champú de biotina (el famoso “champú de caballo”), quizás no sea el mejor vehículo para introducir esta vitamina dentro del cuerpo.

”このような理由から、ビオチンシャンプー(馬のシャンプーとして有名)はビオチンを体内に取り込むには適していません”

 

なんと、スペインでは少し前から、馬用のシャンプーが髪に良いと噂され

実際に使っている人がいるのですね。

日本でも馬油配合のシャンプーはありましたね、でもスペインで流行ったのは馬を洗うためのシャンプーです……。

肌荒れしてないですかねぇ、使ってる人たち。

 

自由が丘にあるマンツーマンの美容室

美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

ヘナ(Henna)について

イニティウムヘアサロンでは、「急性経口毒性試験」および「皮膚一時刺激性試験」をクリアし、安全性の確認された良質なヘナパウダーを使用しています。
植物アレルギーによる反応を示す場合がありますので、100%安全ではありませんが、酸化染毛剤(ヘアダイ)でアレルギー反応が出た方にもご使用頂けます。

<キング・オブ・ヘナ/ナチュラル・ヘナ>
最高級のパウダー(葉のみ)を使用していますので発色も良く、ヘナ本来の深みのあるオレンジに仕上がります。
henna_king
<ナチュラル・レッド>
キング・オブ・ヘナよりも赤みが強く出ます。
henna_r

 

<ナチュラル・ブラウン>
レッド・ヘナ + インディゴ
※ 最初に白髪が緑になり、その後赤みのないブラウンに変色します。

henna_n_b

 

 

henna_b_0hour←染めた直後
緑色が強く出ます。

 

henna_b_20hour←20時間経過後
落ち着いたブラウンに変化します。
 ※ ブラウン系のヘナは、ヘナ とインディゴをミックスしたものですが
発色(色の濃さ)はヘナ100%のもよりも劣ります。
しっかりとした発色をご希望の場合は ケミカル・ヘナ(ジアミン成分を含みます)
をご相談下さい。

 

<ナチュラル・ライトブラウン>
レッド・ヘナ + インディゴ
(ナチュラル・ブラウンよりもインディゴが少なめの配合)
※ ナチュラルブラウン同様、最初に白髪が緑になり、その後赤みのないブラウンに変色します。
henna_n_lb

※ヘナって、なぁに?→

自由が丘にあるマンツーマンの美容室
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

 

なぜ秋に抜け毛が増えると言われているのか

桜満開ですね、あいにくの雨模様ですが、雨に濡れた桜もいいものです。

で、春なのに何故か今日は”秋”のお話。

なぜ秋に抜け毛が増えると言われているのか……。

それは、ヒトの体に残された大昔の動物的な機能の名残だろうとか、

(夏毛から冬毛に生え変わるとか??)

夏に汗を沢山かいて、頭皮が弱ってしまうからだろう、とか、様々な説がありますが、なんだか胡散臭いですね。髪の事を調べていくと、多分こうであろうとか、

こういう説もありますが、って言うことが実に多いのですね。

まだまだ未知の世界なんですね。

それで、「秋は抜け毛の季節なのだ」ということを裏付ける説として、

紫外線から守るため、というのがありまして、問題なのは「秋」ではなくて「夏」

夏の強い日差し(紫外線や熱)から頭を守るために頭髪の成長が促される、という説が考え方としては一番自然なように思うのです。夏の強い日差しに対抗すべく、頭皮から抜け落ちないように頑張っていた毛髪は、秋になって日差しが和らぐ頃に、力尽きて抜け落ちてしまうのだと考えると、髪の気持ちも分からなくはない、ですね。

ヒトの体は、暖かくなると新陳代謝が活発になるということで、頭髪も頑張って、成長期が微妙に長くなっているのでしょうか?

あれですね、女性の産後の抜け毛にパターンが似てるような気がしますね。

(妊娠中は女性ホルモンの分泌が増加するため、ヘアサイクルの成長期が長くなります。そして分娩後、ホルモンバランスが元の状態に戻ると普段より多くの毛髪が休止期を迎えるため、脱毛がおこりやすくなります)

 

髪が一日に抜け落ちる量は、通常で70~80本と言われています。

夏から秋にかけてはもう少し増えて、一日あたり100~150本の抜け毛があるらしいです。そのくらい抜けても、暑い夏を乗り切った髪たちの自然な姿なのだ、という事です。

(さあ、粘着クリーナーをコロコロして、抜け毛の本数を調べてみましょう)

 

自由が丘にあるマンツーマンの美容室

美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

シャンプーについて

シャンプーについて...

シャンプーで洗いたいのは髪より地肌。

髪の根元に指を入れ、爪を立てずに指の腹でやさしく頭皮をしっかり
洗いましょう。すすぎ残さないようにしっかりと洗い流して下さい。
リンスは髪の表面をなめらかに整えて摩擦や乾燥から髪を守るもの。
短い髪でも必ず使用しましょう。

ただし、頭皮にまでべったりつけると、毛穴をふさいでかゆみや
炎症のもとになるので、頭皮にはつけないようにしましょう。

頭皮の酸性度はPH4~6の弱酸性、シャンプー剤も弱酸性のものを使うと
髪や頭皮によけいな負担がかかりません。また、まめに洗髪しているにも
かかわらずフケが多い という人は、フケを抑える抗フケシャンプーを使うと
よい場合もありますが、「使い過ぎ」や、「すすぎ不足」には十分な注意が
必要です。抗フケシャンプーの主成分であるジンクピリチオンは皮膚に残ると
刺激反応によって炎症などを起こしやすくなります。

自由が丘にあるマンツーマンの美容室
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

抜け毛、薄毛について

抜け毛、薄毛について...

髪の毛の平均的な本数は約10万本、一日に80~100本位の抜け毛は正常な範囲と
言われていますが、抜け毛の中に1~2センチほどの細い 毛髪が目立ってきたら
要注意。ヘアサイクルが乱れているかもしれません。

その他、ふけ.かゆみの増加、頭皮のべたつき、頭皮が硬くて動きにくい
などの症状も、そのままにしておくと抜け毛につながる可能性もあります。

※薄毛のタイプ

「男性型脱毛」
はえぎわから後退するM型、頭頂部から薄くなるO型、広範囲の複合型など。
血行障害や男性ホルモンの影響が考えられる。
※ 男性ホルモン(テストステロン)が毛乳頭に存在する酵素
(5αリダクターゼ)と結びつくとデヒドロテストステロンとなり、
頭部では毛髪の成育を止めてしまいます。

(ひげや体毛など、ほかの部位では成育を促す働きをもっています。)

「びまん性脱毛」

頭部全体に脱毛がみられ、全体的に毛髪がまばらな状態。
ホルモン分泌の異常などが影響する。病気や薬剤刺激が原因の場合は
もとになる原因が取り除かれれば、自然に治ることが多い。

「円形脱毛症 」

突然、髪の一部が円形叉は楕円形に抜け落ちる。
数カ所に現れることもある。自己免疫の異常、末梢神経異常、
自律神経異常、などが考えられるが、環境の変化がストレス
となり、それをきっかけに起こることが多い。

 

「分娩後の脱毛」

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増加するため、ヘアサイクルの成長期が長く
なります。分娩後、ホルモンバランスが元の状態にもどり、ふだんより多くの
毛髪が休止期を迎えるため、脱毛がおこります。
(一時的な脱毛なので、分娩後、半年から一年半ほどで自然に治ります)

※血流の悪化は抜け毛を起こす大きな原因!!

毛髪の素はアミノ酸やミネラル分、細胞分裂が起こる際にはビタミン類も
欠かせません。これらの栄養分を運ぶのは血液の役目、血液の流れを阻害する
要因が重なれば成長しきれずに抜ける毛髪が増えることになります。
また、夜型の生活パターンや睡眠不足は毛母細胞の分裂の低下を招き、
毛髪の発育を妨げます。

自由が丘にあるマンツーマンの美容室

美容室イニティウムヘアサロン自由が丘

白髪予防に効果的な食材

チラホラと見え隠れする白髪、気になりますね。

髪を染めても、一週間もすると生え際に1~2ミリ出てくるじゃあないですか。

なんとか白髪を増やさない予防策は無いものでしょうか?

白髪予防に効く”らしい”食べ物も、いろんなものが噂されていますが、

科学的に効果が実証されているものもあります。

 

それは、『山椒とホップ』

山椒には毛母細胞のメラニン生成を促成する働きがあり、一方、ホップエキス

にはメラノサイトの運動能力や増殖活性を高める効果があります。

 

遺伝子レベルの研究により、ビールの原料である「ホップ」から抽出した

「ホップエキス」に、メラノサイト(色素細胞)の運動能力や増殖活性を高める

効果、及び白髪化に関与する遺伝子を制御する効果が発見されました。

ホップ由来成分の「キサントフモール類」と「イソフムロン類」に、

色素細胞の中で働く多数の遺伝子をコントロールする

マスター遺伝子『MITF遺伝子』

(Microphthalmia-associated transcription factor)

の発現を上昇させる効果があるとされています。

(白髪では黒髪に比べてMITF遺伝子の発現量が顕著に低い)

 

ホップはビールに含まれている事はよく知られていますが、

毎日ビールをがぶ飲みしてもダメでしょう、たぶん…。

やはりサプリメントとして飲用することが効果的かと思います。

(どのくらい摂取したらよいかなどは、まだ研究中らしいです)

 

そして、まだ実証されていないけれど、期待できそうな食材としては

『黒ごま』があります。黒ゴマの成分の50%はリノール酸やオレイン酸

などの不飽和脂肪酸で、ビタミンEやセサミンなども含まれ、

メラニンの生成を促成し、髪のツヤをよくすると言われています。

これらを積極的に摂取して、若々しい髪を維持しましょう。

 

自由が丘にあるマンツーマンの美容室

美容室イニティウムヘアサロン自由が丘