太秋柿

el caqui

田舎から送られて来たこの柿、青々としてまだ食べ頃には見えませんが
とても甘くて濃厚な味がします。実はこの柿は実家で収穫されたもので
「太秋柿」という種類なんだそうです。
太秋柿は「富有」「次郎」「晩御所」「花御所」を掛け合わせたもので
比較的新しい品種のようですね。

市場に出回っているものはもっと大きくて、一つ¥800以上、
中には¥3000の値が付くものあるとか……。

el caqui2

食感が独特でサクサクと歯ごたえがある中に、柿特有のゼラチンのような
とろみが混じってきます。甘いのに後味はサッパリとしていて、
不思議な南国のフルーツのようです。

もう少し熟すと普通の柿と同じくオレンジ色っぽく色づきますが
青いうちから甘さは強く、むしろシャキシャキとした食感を楽しむには
この位の色が良いようです。

この柿は熊本県などで多く生産されているようで、収穫は10月上旬から
11月中ごろまでだそうです。どこかで見かけたらぜひお試し下さい、
柿のイメージが変わるかもしれません。

ちなみに私の大好きな国スペインでも、柿はカキ(caqui)と呼びます。
16世紀頃にアジアからスペインに伝わったようですが、その柿が日本産なのか
中国やベトナムから伝わったものなのかは定かでは在りません、しかしカキ(caqui)
という呼び方は間違いなく日本語の柿からでしょう、面白いですね。

 

自由が丘にあるマンツーマンの美容室
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘