自由が丘の歴史1

自由が丘

”お洒落なイメージを醸し出すショッピング街と閑静な住宅街が共存する街”
そんな街並みにいかにもふさわしい ”自由が丘”という地名。
さて、自由が丘という街はいつ頃生まれたのかと調べてみると
その由来は東急東横線・大井町線が開通した昭和初期にさかのぼるようです。

昭和2年8月、江戸時代以来「谷畑(やばた)」の名で呼ばれる近郊農村であったこの地域(現在の自由が丘、緑が丘)に、東横線が開通しました。この地には9体の阿弥陀如来像が安置されている寺があることから、開業した駅は九品仏駅(現在は隣り駅の名)と名付けられました。

それ以後、のどかな田園地帯であったこの辺りに、にわかに商店や住宅が建ち始め
同年11月には大根畑の丘の上に、手塚岸衛氏が自由教育を旗印に創立した「自由ヶ丘学園」が建設されました。これが自由が丘の地名の発端となったということです。

昭和4年になると、大井町線が大岡山から二子玉川まで延長されるに際して
「九品仏駅」が大井町線上の実際の寺の表参道口に設けられることになり、
駅名を改称する必要が出て来たのです。電鉄側では既に新駅名を「衾ふすま駅」
と内定していましたが、舞踊家の石井漠などの周辺に住んでいた文化人達の
強い運動によって、大井町線開通の直前に「自由ヶ丘」を駅名として採用することになったそうです。

 

以後、駅周辺に移住してきた人たちは郵便物に「自由ヶ丘駅前O番地」と書くように
なり「自由ヶ丘」は次第に地名として定着し、昭和7年6月、耕地整理組合の努力も
あって町名として正式に認可され、同年10月の区制施行による町名整備を待たずに「碑衾町大字自由ヶ丘」として新地名がスタートしたのでした。私鉄沿線では、宅地開発のために鉄道会社主導で「○○が丘」という駅名や地名をつくることは多いようですが、住民運動でつけられたものは珍しいのだそうです。

なお、町名「自由ヶ丘」が「自由が丘」に改められたのは、昭和40年1月1日の住居表示実施の際。駅名が同様に改められたのは、翌年1月のこと。

 

ところで、自由が丘(駅周辺)って丘じゃないですよね。

駅周辺は、戦前に衾沼と言う沼地を埋め立てて造成された土地なので ”丘”と言う地名でありながら、周辺と比較して低地となっているのです……。

 
自由が丘にあるマンツーマンの美容室
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘