自由が丘の美容室/美容院ならマンツーマン対応のイニティウムヘアサロン

自由が丘の美容室 イニティウムヘアサロン自由が丘の美容室 イニティウムヘアサロン

髪のための情報髪のための情報施術メニュー施術メニュー自由が丘美容室の予約状況自由が丘美容室の予約状況自由が丘駅からの地図自由が丘駅からの地図ウェブ予約ウェブ予約ギャラリーギャラリー美容室initiumのブログ美容室initiumのブログプロフィールプロフィール

自由が丘でヘナの出来る美容室

HOME > Henna

※HENNAとは※

ヘナ(ヘンナ)は、トリートメントと染色の相乗効果をもつ優れた化粧品として、
日本でも近年愛用する人が増えています。
実際に美容室(美容院)などで使用されるヘナは、Lawsonia inerma(ローソニア)というミソハギ科の
常緑低木の葉、もしくは葉と茎の部分を乾燥させて粉砕してパウダーにしたものです。ローソニアは、西南
アジア(インド、ネパール、スリランカ、パキスタン、イラン、シリア、中国南部)からエジプト、チュニジア
アルジェリア、モロッコまで、広く自生しており和名では指甲花(しこうか)と呼ばれています。ヘナは古くから
装飾や宗教的な儀式で肌や髪、爪を彩色するのに使用されて来ました。紀元前3000年ごろにはすでにエジプト
などで染毛に使われていたという記録もあり、女王クレオパトラもヘナを髪や爪に使用していたそうです。
また、ヘナの葉には殺菌効果があるとされるため、インドの伝承医学“アーユルヴェーダ”では外傷薬として
ヘナの葉から軟膏を作り、煎じた液は炎症治療、油は頭痛薬や皮膚病を予防するために額に塗るなど医薬品
としても愛用されていました。


※ヘナの植物色素は赤橙色※

ローソニアの葉に含まれている赤橙色の植物色素「ローソン(ヘンノタンニン酸)」には
毛髪の主成分であるケラチン(タンパク質)に絡みつき白髪をオレンジ色に着色する作用があります。
また、タンパク質と結合する際に、キューティクルに絡みつく様に薄い皮膜を形成するため
トリートメントとしての効果が期待できます。



※化学染料と比べると、植物色素は不安定※

ヘナ100%、又はハーブ配合のヘナは、「パラアミノフェノール」や「パラフェニレンジアミン」
といったかぶれを引き起こす恐れのある化学物質を含んでいないため 酸化染毛剤(ヘアダイ)で
アレルギー反応が出た方にもご使用頂けますが(植物アレルギーによる反応を示す場合があります
ので100%安全では無いです) 植物性のため、指定の色が精確に出る保証はありません。
また、脱色効果も無いので、黒髪に対しての色の変化はほとんど見られません。


※トリートメントとしての効果※

毛髪の損傷した部分にヘナが入り込み、吸着することで髪に潤いやしなやかさを与え
さらに紫外線によるダメージも抑えます。 また、髪に適度なハリ・コシを与えるため
柔らかい髪にボリュームを出したり、くせ毛のうねりを抑えることが期待できます。
頭皮に対しても抗菌・殺菌効果があるとされるため、フケやかゆみを抑えたり、
施術後のシャンプーで毛根の汚れや頭皮の余分な脂を落とす効果があります。