『朝食、昼食、そして夕食』

久しぶりに映画館に行きました、と言っても、もう先月の話なんですけどね。

『朝食、昼食、そして夕食』
監督/ホルヘ・コイラ

この映画は友人同士、いとこ同士、恋人同士、老夫婦、ゲイカップル、独身男、夫婦と息子、姉妹など、様々な組み合わせの24人による18の食事のシーンから成り立っていて、朝食、昼食、夕食、という三部構成になっています。
人は誰でも悩みがあり、喜びがあり、それを誰かに解ってもらいたいという願望がある。そして人は誰でも食べなければ生きて行けない。
人が生きて行く上で避けては通れない、この二つの欲求に
焦点を当てた所に本作品の面白さがあるのだと思う。

日々食べるもので、その人の身体は作られて行く。
もしかすると、どんな気持ちで食べるかによっても、
吸収するものが違ってくるのかもしれません。

食べる、という事は生きて行く上でとても重要な事なんだと思います。
何時食べるか? 何を食べるか? そして最も重要な事は

”今日、誰と食べるか”

この映画は18の食事を通して人生を垣間見る事が出来ます。
”人は食べなければ生きて行けない、一人では生きて行けない”
これは人生に迷ったときに観ると良い映画だと思います。

Hace unos días, fuimos al cine para ver una película española.
El título es “18 comidas”
18 comidas es una película que viaja a través de dieciocho comidas
sobre las comidas y las vidas de 24 personajes.
Entre desayunos, comidas y cenas…
Creo que comer es lo más importante en la vida.
¿Cuando comeré? ¿Qué comeré ?
y más importante es ¿Con quien comeré hoy?
Es una película que viaja a través de dieciocho comidas que nos hacen partícipes de algunos de esos momentos que pueden cambiar una vida.
No se puede vivir sin comer, no se puede vivir solo.

Creo que es una buena película para ver cuando se pierden en la vida.

 

自由が丘にあるマンツーマンの美容室
美容室イニティウムヘアサロン自由が丘