「永く続けていける縮毛矯正」1

髪の悩みのついて10代から50代の女性を対象に行ったアンケートによると、
一番多い悩みが「くせ毛」なのだそうです。その他には、ヘアスタイルが長持ち
しない、髪が痛んでいる、スタイリングしにくい、白髪、はねる、広がる、乾燥、
艶が無い、ボリュームが出過ぎる、枝毛・切れ毛 etc…

“その他”の悩みにも、くせ毛が原因となって起こる現象が多いですね。
しかしながら、この癖毛(縮毛)を改善するために縮毛矯正を行っている女性が
どの位の割合かと言うと、かなり強い縮毛の方で40%、ややくせのある方で
15%ほどだそうです(以外と少ないのです…)

その要因として考えられるのは、今まで経験した縮毛矯正に満足されていない
という事になるのでしょうか。思ったほど癖が直らない、又は不自然なほど
まっすぐになった。繰り返す度にダメージが進行してしまうなど、
縮毛矯正技術に対する不安は大きいようです。

縮毛矯正をしてお手入れの楽な髪になったとしても、また数ヶ月経てば根本から
癖のある髪が生えてきてしまいます。そのため、縮毛矯正はダメージを気にせずに
“続けていける”ということが絶対条件なのです。

当店では主にシステアミンを主成分とした薬液を用い、さらに各お客様ごとに
異なる髪の状態に合わせて保湿剤、保護剤となる成分で処理し、定期的に安心して
続けられる縮毛矯正を心がけております(システアミンは分子量が小さく、毛髪へ
の浸透が良いため、低pHでも髪を必要以上に軟化・膨潤させずにしっかりとした
カールを形成することが可能なためダメージ毛に最適とされている毛髪処理剤です)

※補足※
そもそも縮毛(くせ毛)とはなんでしょう?
くせ毛は、毛髪が生えてくる際にスクリュー状に捻れてしまう性質をもっている
ため、髪の表面にデコボコが生じます。またこの髪質は毛髪内に親水性と疎水性の
コルテックスが混合しているので表面のみならず、内側外側両方からのねじれと
引っ張り合いが起こります。

この”デコボコ”を半永久的に馴染ませることが「縮毛矯正」の役割です。
(強い薬液を過剰に反応させたり、高温のアイロンで強く引っ張っても
髪の捻れは取れません。最新の正しい知識と技術が必要となります)

自由が丘 美容室 イニティウムヘアサロン