"Bloody" Merry Christmas.

Merry Christmas, everyone!

・・・・everyone!! EVERYONE !?

ええ、薄々感じてはいましたけどね、
今朝はもう正月飾り売ってましたから。

クリスマスって、終わったんですね・・・
まだケーキもチキンも食べてないから
始まってもいないんですけど、オレのクリスマス。
そもそもがですよ、23日(天皇誕生日)が、ですね、
火曜日(My定休日)に当たったところから
もう、どうしましょう?って感じですよ。

せっかくの休みなので、買い物でもしようかとでかけてみたらば、
普段見た事もないような人、人、人、、
しかも、ファミリーやら、カップルやらで皆さん楽しそうじゃあないですか、
「あぁ、街にはこんなにもLoveが溢れているんですねぇ、」
頭の中では ♪All You Need Is Love ♪がずーーと流れているし、
(↓Lynden David Hallバージョン、のほう。)

ちょっと明るい色の洋服でも買ってみようか、という気分になったわけですよ。
普段黒っぽいものばかり着ているので、たまには気分を変えてみましょうか、と思ったんですね。

ところが、久々の色柄ものを前にして、感覚が麻痺してる、
この色合いは似合うのか、どうなのか、微妙、、
と、そこへ店員登場。
『よろしかったら、御試着も出来ますので~』

 私:「それじゃ、このシャツを着てみてもいいですか?」

店員:『ゆったりめとピッタリした感じと、どちらがお好みですか?』

 私:「いやぁ、このデザインはピッタリしてないと格好悪いですよね?」

店員:『そぉ~なんですよ~、よくおわかりで~』

 私:(だ、だったら聞かなくてもいいじゃん、、)
    「これと、そっちの色合いだと、どっちがいいと思いますか、、」

店員:『ええっと、こちらはシャープな感じで、そちらはもう少しソフトな感じですね、』

 私:(んー、それも見たらわかるよね、そうじゃなくてだねぇ、、)
   「・・・・・」

店員:『・・・・・』

 私:「ごめん、両方とも頂きます、それと、あれとこれも。」

結局最後までこの店員さんとは話がかみ合いませんでしたが、
いつもと違う色合いの服を手に入れて、ちょっといい気分なのでした。

街中がクリスマスのイルミネーションで輝いて、なんだか気持ちも温かくなってくるようです。
一人で買い物をしながら、どこか楽しくて賑やかな所へ行きたくなったんです。

で、ある場所へと向かったんですけど、、、

いまだにケーキもチキンも食べてないし、クリスマス始まってもいないし
終わってもいませんからーー。

                                  『 TO BE CONTINUED 』